こんにちは!

気温が20度を超える日が多くなり

春を通り越してもう夏がすぐそこに来ていますね!

そんな新緑の季節に講演会を開催します!

星や宇宙に関心のある方は必見!

金やプラチナのような重金属が、いつ、どこで出来たものか詳しくはわかっていませんが

この謎に迫る最新の手法を「マルチメッセンジャー天文学」と言います。

最新の知識を”誰にもわかりやすく”話して頂ける、他では聞くことができないプログラムです!

 

マルチメッセンジャーとは・・・?

天文学は、古くから目で見える光(可視光)での観測が行われてきました。

しかし、可視光だけでは限界があり、技術の発展とともに可視光以外のX線や電波での観測

さらには今までは存在を見つけることが難しいとされてきたニュートリノや重力波といった

電磁波以外の手段を使った観測が行われています。

このように様々な観測方法から得られる情報を連携させ異なる観測対象をもつ観測施設が協力し

宇宙の謎を解明することを目指す天文学を「マルチメッセンジャー天文学」といいます。

 

今回の講演会でお話しいただくのは

なんとここ半田市出身の田中雅臣さんです!

愛知県立半田高等学校を卒業し、東京大学理学部天文学科へすすみ

東京大学大学院理学系研究科天文学を専攻、博士課程修了。

現在は、東北大学の天文学教室で

宇宙の様々な突発天体の観測や理論研究を通して

高エネルギー爆発現象の物理や、重元素の起源などを研究されています。

 

 

そして今回の講演会では「ベテルギウスの運命~超新星爆発は起きるのか?~」と題し

寿命を迎えつつあるベテルギウスの内部では何が起こっているのか

最新の研究結果をもとにその謎についてお話いただきます。

 

 

講演会「ベテルギウスの運命~超新星爆発は起きるのか?~」

日時:2022年5月14日(土)15時~16時半

講師:田中 雅臣氏

対象:小学4年生以上

参加費:500円

定員:200名(先着順)

申込み:電話(0569)23-7175、または直接窓口

チラシ