半田空の科学館
『オリジナルキャラクターデザイン』

☆~審査発表~☆

【応募総数】299名

【最優秀賞】1名
〈作品名〉:『ほしみちゃん』


〈コメント〉
天体観測が大好きな女の子、「空」、頭のお団子はプラネタリウムの投影機!!
みんなに空の様子を見せてくれます。女の子らしいチャームポイントの髪飾りで「星」を、体の惑星で「宇宙」を表現しています。

☆今回は惜しくもご縁が御座いませんでした方には、貴方様の益々のご発展とご活躍を祈念致します。これをもって、お礼の言葉と代えさせて頂きます。

【評価】
この度の『オリジナルキャラクターデザイン』は全国各地から299の作品が期限内に集まりました。その作品はどれをとっても、甲乙付けがたい出来栄えであり各作品の質は、どれをとっても、ハイクオリティーな技術をもって製作されていることを伺い知ることができました。

選考にあたり、本来の使用目的である「キャラクター」に適している作品を中心に選考致しました。背景と一体となっているイラストは対象外と致しました。続いて、当館スタッフ12名の厳正な審査により、5つの作品をピックアップし、最終選考を致しました。

半田空の科学館(指定管理:アクティオ㈱)のプラネタリウム投影機は通称ダンベル型と
言われる「コニカミノルタ製 MS18AT」です。このダンベルタイプの投影機は全国的にも希少な形状です。ほしみちゃんのチャームポイントが、このダンベル型であったことは、とても新鮮であり、一度見ると忘れる事の出来ない特徴的なキャラクターに仕上がっております。また、他に類を見ないキャラクターであり、スタッフ一同心が躍りました。
このキャラクターは、半田空の科学館をイメージする役割を果たし、当館への愛着を抱いて頂けることと感じております。また、類似のキャラクターが見られないこと、はじめて世に出る作品であることをご確認致しました。今後は、このキャラクター「ほしみちゃん」を半田空の科学館のキャラクターとしてご利用させていただきます。

今後とも半田空の科学館を宜しくお願い致します。

※現在、本人のご確認中。

半田空の科学館
館長 加賀誠二